おでこの傷跡

子供の頃のある日、補助輪が外れたことが嬉しくて、一人で自転車に乗って近所をうろついていました。走っていると目の前に車が止まっていたので、その車を避けようとハンドルを横に切りました。するとその途端に、蓋の無い排水溝に落ちてしまったのです。そのせいでおでこをパックリ切ってしまい、大量の血があふれ出てきました。
私は驚きと痛さで大泣きしてしまいました。すると、その現場の近所に住む看護師をしていたおばさんが、そんな私に気が付いてくれて、母に連絡をしてくれた上、近所の病院へ連れて行ってくれたのです。病院では切れたおでこを数針縫いました。連絡を聞いて慌てて病院に駆けつけてきた母の姿を見て、私は安心してまたもや大泣きしました。母は連絡をくれた看護師のおばさんと病院の先生に丁重にお礼を言い、私を家に連れて帰りました。今でも残るそのおでこの傷跡を見るたびに、このことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>